定期更新中の龍性院だより一覧

  • 正月号2017.01.01

    平成28年もあっという間に過ぎ去り、新年が始まります。

    龍性院檀信徒の皆様方におかれましては、平成29年の新しい年をご家族ご一同様でご無事にお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。

    昨年中に皆様方に賜りましたご厚情に対しまして、心よりお礼を申し上げます。

    また、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

     

    さて、ここ数年の龍性院だより正月号では、まず昨年一年間に起きた出来事等を振り返り、お話をさせて頂いておりますので、今回もそのようにさせて頂きたいと存じます。

     

    昨年を振り返りますと、国内では4月14月に熊本県、大分県を中心に最大震度7の非常に大きな地震が発生し、2日後には本震とされる揺れを観測。

    以降、大きな余震が続き、この地震での直接死者数は50名、避難生活からくるストレスや病気でなくなった関連死の方を含めると、100名以上の尊い人命が失われました。

     

    また、8月に相次いで発生した台風により、とりわけ北海道や岩手県は甚大な被害にみまわれました。

    北海道に3つの台風が上陸したこと、東北地方太平洋側に台風が上陸したことは、気象庁が1951年に統計を開始して以来、初めてのことだそうです。

    この豪雨に伴い住居への浸水被害、河川の氾濫、土砂災害が発生し、岩手県、北海道等で20名近くの方が亡くなられました。

    改めまして、被災をされました方々に心よりお見舞い申し上げ、お亡くなりになられました皆様のご冥福をお祈りいたします。

     

    日本はもともと自然災害の多い国と言われます。

    全世界の中で日本の国土が占める割合は、わずか0.3%弱ですが、全世界で発生しているマグニチュード6以上の地震の20%以上が日本で起こっているそうです。

     

    それに関連して、活火山も多いわけですから、全国大体どこに行っても温泉が涌き出ていたり、最近ではクリーンエネルギーとして地熱発電が注目をされていますが、これも活火山があるお陰さまでもあるのです。

    確かに地震というデメリットはありますが、少なからずメリットも享受をしているわけです。

     

    私たちは、自然の中で、自然の恵みを頂いて生かされています。

    なので、自然が無くなれば当然生きていくことはできません。

    自然が無ければ生きていけない私たち人間が、自然の営みの中で発生する自然災害からのみ逃れることは無理なのかもしれません。

    ですから、逃れられない災害から少しでも身を守る備えは必要ですし、備えていても不幸にもお亡くなりになってしまう方がいることは、遺憾にたえません。

    不幸にも亡くなってしまった方を鎮魂する、それが私たち生きている者にできることです。

    しかし、自然災害が起こるからと言って、自然を悪だと思うべきではないと思います。

     

    物事には〝裏〟と〝表〟があります。先ほど申し上げましたように、生き物は自然によって殺されてしまう事もありますが、
    普段は自然に恵みを頂き生かさせてもらっているのです。

    私たちは何かあると、物事の悪い方を印象深く残してしまいがちですが、何事も良い部分もあれば悪い部分もあるのです。

    それが私たちの生きている〝世界〟なのです。

     

    物事の良い部分は、とかく陰に隠れて見えにくいものです。

    しかし、何事にも、どんな方にでもある〝お陰さま〟を常に見つける正しい眼を持つことができれば、今までより清々しい世界が開けるのではないかと思います。

    年頭に当たり、皆さまのご健勝、ご多幸をせつにお祈りいたします。

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • お盆号2016.07.10

    はっきりとしない雲の多い日が続いております。

    もっとも、梅雨の季節でありますし、それが当然と言えば当然なのでしょうが。

    しかし、梅雨といっても今年はあまりまとまった雨は無く、利根川上流にあるダムの貯水率は軒並み平年を下回っており、1992年の観測開始以来最低の貯水量と言われております。

    関東地方では、1994年にも雨が少なく水不足となり、東京で渇水対策本部が設置され、取水制限も最大で15%行われました。

    今年も今後の雨量次第では、取水制限が実施され、給水制限や、もしかすると断水ということもありえるかもしれません。

    水を無駄にせず、大切に使うことを今から心がけておく必要があるかもしれませんね。

     

    私たちは普段生活をしている中で、水を飲みたい時、トイレに行きたい時、お風呂に入りたい時、いつでも当たり前に水を使えると思っております。

    今年も水不足と騒がれてはいても、まだ今の時点(7月10日現在)では、蛇口を捻れば普通に水は出ますし、生活に何ら支障をきたすことはありません。

    しかし、このまま雨がダム近辺にあまり降らないと、いよいよ給水制限や、最悪の場合、断水もありえるわけです。

     

    そうなると、私たちの生活にも支障が出て参ります。

    トイレに行っても時間によっては水を流すことも出来なくなるかもしれません。

    お風呂に入りたくても、シャワーが出なくなるかもわかりません。

    のどが渇いても、水を飲めないかもしれません。

    水が不足するということは、実に恐ろしいことなのです。

     

    しかし日本に於いては、とりわけ関東地方に於いては、水が不足するというのはそう頻繁に起こるものではありません。

    ですから、どうしても私たちは普段、水があるのは当たり前と思ってしまうわけです。

    ですが、一度雨が降らなくなれば、私たちが当たり前と考えていることは、あっという間に覆されてしまいます。

    当たり前に過ごしている日常さえ、当たり前で無くなってしまうのです。

    そう、この世の中には当たり前のことなんて無いのだと思います。

     

    それでは、当たり前のことが無いとなると、この世の中はいったいどんなものなのか、どう考えるべきなのかと皆様思われるのではないでしょうか。

    私は、当たり前の対義語の意味する言葉で表すことができるのではないかと思います。

    それは、〝有り難い〟という言葉です。

     

    〝有り難い〟という字は、「有ることが難しい」とも読むことができます。

    私たちが日常当たり前だと思って過ごしているこの環境は、すべて有り難いものなのです。

    ですから、当たり前のことは無いのですから、毎日をいつも通り普通に過ごせるのも実は本当に有り難いことなのです。

     

    仏教では、すべてのものに感謝する心を養うということを大切にします。

    それは、私たちが幸せに生きていく為には、すべてのものに感謝する心が必要だからです。

     

    いつも通り、朝無事に目が覚めて、いつものように朝食を食べ、仏壇に手を合わせ、学校や仕事に出かけ、夜になれば家に帰り、お風呂に入りフカフカの布団で眠る。

    こういった日常を、すべて〝有り難い〟と心で思えたなら、感じることができたならば、それはどんなに幸せなことでしょう。

     

    どうか、これからお盆を迎えるにあたり、龍性院檀信徒の皆様におかれましては、すべてのことに感謝する心を育んで頂き、心安らかに日々をお過ごし頂けますと、幸甚に存じます。

     

    これから暑い日が続くと思われますが、くれぐれも体調に留意して頂き、お盆には元気な姿でお会いしましょう。

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • 春彼岸号2016.03.02

    寒さもようやく緩み、一雨ごとに春めいて参りました。

    龍性院檀信徒の皆様方におかれましては、益々ご健勝の事とお慶びを申し上げます。

    また、常日頃より當山護持のため格段のご信援を賜り、厚く御礼申し上げます。

     

    さて、今年も春のお彼岸の季節が近づいて参りました。

    ついこの前、平成28年の新年を迎えたばかりの気も致しますが、あっという間ですね。

    あっという間といえば、今年は東日本大震災が発生してから、丸5年の節目でもあります。

    被災地は未だ復興道半ばであり、被災された皆様のご心痛を察すると言葉もみつかりません。

    被災をされました方には謹んでお見舞いを申し上げます。

     

    私は現在、智山青年連合会という若手僧侶が属する団体の事務局の仕事を致しております。

    この智山青年連合会の活動を通じ、東日本大震災が発生して以降、毎年3月11日には被災地の海岸や御寺院様に赴き、亡くなった方々の慰霊をさせて頂いております。

    そうした活動に於いて、被災地の方ともお話をする機会を頂きます。

    そこで会話をした方が仰るには、被災地の事を忘れ去られてしまうのが何より悲しいし、寂しいというものでした。

    だから、全国の方が思いを寄せてくれるだけでも、本当に有り難いんだと話して下さいました。

     

    震災発生直後には大勢いたボランティアも、現在は人手が足りなくなっているという報道も目に致します。

    人は忘れる事ができるから生きていけると言います。確かに一理あると思います。

    しかし、私たちはまだ忘れてはいけないと思うのです。辛く悲しい思いをされた被災地の皆様の心の傷が癒えるまでは・・・。

     

    間もなく春のお彼岸です。

    是非、ご家族皆でお墓参りに出かけ、亡き人を忘れずご先祖さまに思いを馳せて下さい。

    皆様のご健勝と、被災地の1日も早い復興を至心にご祈念申し上げます。

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • お盆号2015.07.10

    梅雨真っ最中といった感じで雨天が続き、ジメジメと湿度の高い鬱陶しい今日この頃でございます。

    それでも、例年であればエアコンを連日使用することもめずらしくはないこの時期ではありますが、(7月10日現在ではありますが…)我が家ではまだほとんどエアコンを使用せずに過ごせております。

     

    天気予報でも、今年の夏の冷夏の可能性を指摘する予報士の方もいらっしゃいましたし、作物などへの影響を考えると、涼しく過ごしやすいと喜んでばかりはいられないのかもしれません。

    龍性院檀信徒の皆様におかれましては、ご自身の体調に気を配り、心も体も健康にこの夏をお過ごし下さいますよう、お願い申し上げます。

     

    さて、本年平成27年は、我が国も含めた世界各国にとって戦後70年の節目の年であります。

    国内の仏教団体等でも、戦没者の鎮魂、世界の恒久平和を願い、様々な個所で慰霊法要が計画され、また、勤修されております。

    戦後70年が経過していると考えますと、戦争の記憶を鮮明に覚えていて、直に当時のことをお話できる方も、高齢となり少なくなってきております。

    しかし、どれだけ時が経とうとも、戦争の恐ろしさや悲惨さは、風化させることなく後世に伝えていかなくてはならないと感じております。

    先の第二次世界大戦では、日本人だけでも民間人も含め310万人、全世界では実に8000万人の尊い命が失われました。

    ドイツの現在の推計人口がおよそ8200万人程度ですので、大国が丸々一カ国消滅するほどに多くの方が当時戦争の犠牲になったのです。

     

    おそらく檀信徒の皆様方のご家族やご親族の中にも、戦争で大切な人を失ったという方がいるのではないでしょうか?

    当時の日本の人口が7400万人程だったそうですので、およそ24人に1人の日本人が戦火に倒れたという事なのです。

    今現在の豊かで平和な日本に暮らしておりますと、70年前に悲惨で恐ろしい戦争があったことなど忘れてしまいそうになります。

    しかし、現在の我々が享受している平和は、先の戦争に於いて志半ばで散華された方々の上に成り立っております。

     

    世界に目を向けますと、悲しいことですが、依然として中東ではイスラム国を中心として様々な紛争が続いておりますし、大戦後から現在に至るまで、日本では戦争はありませんでしたが、世界では数度の戦争により多くの命が奪われて来ました。

    日本も含め世界の戦没者が願うのは、悲惨な戦争が無くなり、自分の家族や友人、大切な人が笑顔で暮らせる世の中を作り上げ、そんな平和な世の中をいつまでも守り続けて欲しいということではないかと思います。

     

    仏教には〝和顔(わげん)愛語(あいご)〟という言葉があります。

    和やかな顔で思いやりのある言葉を相手にかけると、相手もまた和やかな気持ちになれるという、布施行のひとつです。

    〝布施〟というと物やお金を連想してしまう方も多いですが、布施には〝財施〟と〝法施〟があり〝法施〟はお金や物を持たない方でもできる布施行なのです。

    国際関係となると、お互いの国が利益を守らなければなりませんし、簡単なことではありませんが、世界各国、すべての人間同士が、この〝和顔愛語〟を実践できれば、絶対に戦争は起こらないと私は思います。

     

    戦後70年の節目を迎え、今を生きる我々や世界各国の人々は、二度と戦争をしないと心に誓い直し、平和な日本、平和な世界を守り、作り上げていきたいものです。

    今年も間もなくお盆がやって参ります。

    檀信徒の皆様には、ご先祖様と共に、先の大戦で散った護国の英霊、戦没者の方々へも慰霊の想いを寄せて頂き、『平和』について再考する契機として下さればと存じます。

    現代人が今一度『平和』について深く考えることが、戦没者の方々への供養になるのではないでしょうか。

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • 春彼岸号2015.03.15

    龍性院檀信徒の皆様方におかれましては、益々ご健勝の事とお慶びを申し上げます。

    また、常日頃より當山護持のため格段のご信援を賜り、厚く御礼申し上げます。

     

    今年も春のお彼岸の季節が近づいて参りました。

    古来より〝暑さ寒さも彼岸まで〟と言われておりますが、本当に春のお彼岸が近づくと、朝晩の冷え込みも弱まり、日中は少し暖かさを感じることができる、そんな春らしい日も増えて参ります。

     

    私は、どちらかといえば寒がりな方ですので、冬のない国をうらやましいなぁと思うこともありましたが、最近は「冬の寒さがあるから、春の暖かさの有り難さがわかる。それを身をもって感じることができる日本は素晴らしい国だなあ。」なんて考えるようになりました。

    年の功でしょうかね・・・。

     

    さて、先日のことですが、仕事関係の後輩と久しぶりに会い食事をする機会に恵まれました。

    数年ぶりに一緒に食事をしたので、話ははずみ、あっという間に帰宅する時間となりました。

    会計を済ませ、別れ際にあいさつを交わした時、後輩が一言「ちゃんと帰る家があるって当たり前なようだけど有り難いことですよね。」と言いました。

     

    後輩とはお店の前で別れ、私は電車に乗り帰路につきました。

    電車に乗っている途中、先ほどの後輩の一言の意味を考えていました。

    確かに、何の気兼ねもなくこうやって安心して食事に出かけられたのも、ちゃんと今日帰る家があるからだなあと。

    15年近く前だと記憶していますが、親子喧嘩をし、家出同然で自宅を飛び出した同級生の友人がおりました。

    家出期間中に、私もその友人と何度か会い、遊んだり食事に行ったり、談笑したりしましたが、やはりいつものような楽しそうな様子はなく、元気もありませんでした。

     

    その後、食事も終わり夜になったので、私は「じゃあ、家に帰るわ!」と言って別れようとすると、友人は「帰るとこがあって良いな・・・」とポツリ。

    あまりに寂しそうだったので、帰る時間を延ばしてもう少し話を聞いてみると、その友人は家出してからというもの帰る家がないという不安から、遊んでいても楽しくないし、食事をとっても美味しくないと言いました。

    結局その後、その友人は喧嘩したことを親に詫びると言って、自分の家に帰ってくれました。

     

    さて、再び帰りの電車の中の私に戻りますが、こうした過去の事例を思い出しながら、やはり帰る家があればこそ、安心して楽しい気持ちで出かけることができたのだなぁとしみじみ考えておりました。

    そして、この件を人生に置き換えて考えてみました。

    つまり、この世に生まれてから死を迎えるまでを出かけている時間とすると、いざ死を迎える時にちゃんと帰る家が定まっていないと、人間はせっかくの生きている時間を安心して楽しく生きられないのではないかと思いました。

     

    死を迎えてから帰るところを自分なりに信仰し、わかっている方は、生きている期間を安心して過ごすことができるのだと思います。

    私たちが死を迎えてから往く場所は、真言宗のご本尊〝大日如来さま〟のいらっしゃる密厳浄土であり、先に亡くなられているご先祖さまが待つ世界です。その世界をしっかりとイメージし、信仰することで、私たちは人生という外出を終えた時の、帰る場所を見つけることができるのではないでしょうか?

    冒頭に申し上げましたが、間もなく春のお彼岸です。是非、ご家族皆でお墓参りに出かけ、ご先祖さまに思いを馳せて、信仰心を高め、皆様の〝帰る家〟を見つけて頂きますようお願いいたします。

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry