龍性院だより

龍性院だより

平成31年正月号

  • null

    新年のご挨拶

    いよいよ平成最後のお正月となります。
    龍性院檀信徒の皆様方におかれましては、平成31年の新しい年をご家族ご一同様でご無事にお迎えのことと、心よりお慶び申し上げます。
    また、昨年中に皆様方に賜りましたご厚情に対しまして、心よりお礼を申し上げます。

    さて冒頭で申し上げました通り、平成の元号でお迎えをするお正月は今回が最後となります。
    天皇陛下は本年の4月30日に譲位し、皇太子殿下が新天皇に即位される5月1日をもって新元号へと改元されます。
    30年続いた平成も、あと数か月で終わりを迎えます。
    私は昭和の生まれですが、小学校へ上がる少し前に現在の平成の元号となりましたので、平成の30年間は今までの自分の人生の大部分を占めております。
    言ってみれば、私の人生の記憶はほぼ平成のことといっても過言ではないかもしれません。

    平成という時代は、日本や世界、また自らの人生も含めて本当に様々なことがありました。
    そのひとつひとつを具体的の述べるとキリがないので割愛致しますが、国の内外を問わず発生した自然災害、東西冷戦の終結や国同士の政治的関係性の遷移、紛争、また科学・医療・通信・工業等は日進月歩で進化し、実に変化に富んだ時代であったと私は思います。
    そして、その変化に伴い私たちの生活も一変しました。

    いまや電話は一家に一台から一人で一台を持つ様になり、スマートフォンの普及により一人一人がどこでもインターネットに接続し知りたいことを知りたい時に調べることができます。
    買い物もインターネットショッピングで自宅にいながら好きな時間に好きなものを好きな場所へ配送してもらえます。
    また人工知能(AI)の発達により、人間に代りコンピューターが自ら考え私たちをサポートしてくれる、そんな時代になりました。
    一見私たちの生活は飛躍的に便利になりました。
    しかし、利便性のみを追求するあまり、人間同士の関係性は確実にこの30年で弱体化してしまったのではないかと思います。

    仏教では人間関係を大切に考えます。
    お釈迦様は、「善友に勝る宝なし」と言われました。
    善友とは単に友達ということではなく、自分のことを心から想ってくれるすべての方のことです。
    いくら時代が変化しようとも、この言葉が意味する真実は決して変わることはないはずです。
    善友は人間関係なしに決して得られるものではありません。
    ならば私たちは、今後も人間関係を弱体化させるのではなく、むしろ継続・発展させていくことこそ肝心なのではないでしょうか。

    檀信徒の皆様の目に、〝平成〟という時代はどの様に映っておられますか?
    この平成の30年間で頂いた多くの恩恵に感謝を申し上げ、来る新時代に皆様の愈々のご健勝、ご多幸をご祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。