岩室観音堂について

岩室観音堂について

  • 岩室観音堂

    岩室観音堂

    岩をうがって観音像をまつったところから岩室観音堂と言います。
    龍性院の境外仏堂です。

    この観音のはじまりは弘仁年中(810~824年)といわれていますが、たしかな記録は残っていません。
    松山城主が代々信仰し護持していていましたが、天正18年(1590年)松山城の攻防戦の際に兵火にあって当時のお堂は焼失してしまいました。

    現在のお堂は、江戸時代の寛文年間(1661~1673年)に龍性院第三世堯音が近郷近在の信者の助力を得て再建したものです。
    お堂の造りは懸造り様式で、江戸時代のものとしては大変めずらしいものとなっています。

  • 岩室観音堂の石仏

    お堂に入ると左右の洞窟内にたくさんの石仏が安置されているのがわかります。
    その数は合計で88体あります。
    これらの石仏は「四国八十八ヵ所」の霊地にたてられた本尊を模したものと言われ、ここにお参りに来れば、居ながらにして四国八十八ヵ所をお参りしたのと同じ巧徳を得られるとされており、毎年多くの方が参拝に訪れています。

    また、「比企西国三十三札所めぐり」にも指定されています。

  • 岩室観音堂の石仏
  • 岩室観音堂の石仏
  • 胎内くぐり

    胎内くぐり

    1階の奥を覗くと、急斜面に胎内くぐりも見えます。
    ここで胎内くぐりをすると、子宝・安産・子育ての願いに通ずるとして人気となっています。

  • 御本尊

    御本尊

    お堂の2階に上がると、正面にご本尊様が奉ってあります。

    そして、その左側に目を向けると、折り紙が置かれています。
    この折り紙の裏側には、一枚一枚に、般若心経の276文字の一文字づつが書かれており、この折り紙で折り鶴を折って奉納し、願いごとを祈願すると、きっとその願いごとが叶うと言われています。